日本のコカコーラー&ペプシはアメリカと比べて18倍程発癌性物質発見。

coca-cola-logo_423122

アメリカの消費者団体CSPI(公益科学センター)より発表され、カラメルを作る際に砂糖とアンモニア亜硫酸塩を高温高圧で反応させておりその際に2メチルイミダゾールと4メチルイミダゾールという発がん性物質が出来るらしいです。

4メチルイミダゾールの含有量は20オンスボトル中で(約600mL?)約200μg含まれるそうです。

大好きなコーラーが飲めないのは悲しい事ですが、身の安全の為に止めた方がいいと思います。

発癌コーラーの問題に対して、アメリカの対策。

maxresdefault

日本の場合は、ペプシは「対策しない」コカコーラーは「検討中」の事が判明しました。

  • 米環境団体が全米のコーラーを抜き打ち検査。
  • コカコーーラは9割方低減、ペプシは1割止まり。
  • ペプシコーラはあわてて、来年2月までに対応すると言う発表がありました。

日本の対応

japan

  1. 日本のペプシ&キリンメッツコーラーは対策予定はなし。
  2. 日本のコカコーラーは対策協議中。

米国のペプシは今だ大量の発癌物質を使用中

473c6136c7ad5c7bceca4a1132bd4960

2013/07/04の報道によりますと

報道リンク:http://www.yukawanet.com/archives/4489187.html

昨年、ペプシコーラーにはカラメル色素に含まれる発がん性物質が規定量より多く含まれていると環境団体によって指摘されたが、現時点でも規定値以上の発がん性物質を使用いることが判明しました。

引用元:http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/53cfd71429db49b35912468821cbd60a

 

デヴィ夫人「本当に来る価値があります」 コスパが高い立ち食い焼肉の行列店

photo1_1

4月1日放送の「バイキング」(フジテレビ系、毎週月~金曜午前11時55分)では「デヴィ夫人が辛口チェック 本当に並ぶ価値があるのか?」と題して、タレントのデヴィ夫人が「立喰い焼肉 治郎丸」(東京都新宿区)を訪れた。

同店は、2014年7月にオープンし、早くも行列のできる人気店となっている。焼肉店には珍しい立ち食い形式で、店内にはカウンターしかなく、ガラスケースに肉が並ぶ様子は、まるですし店のようだ。人気の秘密はその値段にある。高級焼肉店で出るようなA4、A5ランクの肉がリーズナブルな値段で味わえる。値段はいずれも1枚単位になっていて、一番高い肉は「サーロイン」(300円 税抜き)、一番安い肉は「ノドブエ」(30円 税抜き)だ。デヴィ夫人は、タンの中でも軟らかく脂が乗っている「タン元」(180円 税抜き)、1頭から2キロほどしかとれない希少部位「トウガラシ」(220円 税抜き)、軟らかい肉質で赤身好きに人気の「ランプ」(220円 税抜き)を次々に注文した。

デヴィ夫人は「タン元」を食べ「おいしい」と一言。「ランプ」を口にして「軟らかい。味もいい」とコメントした。会計の際、値段の安さに驚き「ここは本当に来る価値がありますね」と評した。

林家三平と丁宗鐵医師が味わう「厳選10種野菜と美湯豚のせいろ蒸し」

e524cbcc955989d3396cd0b8913b

3月26日放送の「別冊主治医が見つかる診療所 健康スイッチ」(テレビ東京系、毎週月~金曜午後5時20分)、「名医と行く健康ツアー」のコーナーで医師の丁宗鐵さんと落語家の林家三平さんが「品川ろくよん ~個室・せいろ蒸し~」(東京都港区)を訪れた。

品川駅から歩いて3分ほどの場所にある同店では、旬の食材を使ったさまざまな蒸し料理を味わうことができる。今回丁さんが注文したのは「厳選10種野菜と美湯豚(びゆうとん)のせいろ蒸し」(1480円 税抜き※1人前)だ。パプリカ、カボチャなど季節の野菜が10種類入っている。丁さんは中でもパプリカに注目した。

運ばれてきたのは大きな蒸し器。そのふたを開けた三平さんは「あらま! これは色とりどりの野菜ですよ」と驚きを見せた。その中から選んだカボチャを口にすると「うん、ほくほくしている! キャベツとかふんだんに入っている」とコメントした。

安住アナも大満足! 新潟直送の食材を使う老舗料亭の味が東京・恵比寿で楽しめる

img_0

3月20日放送の「ぴったんこカン★カン」(TBS系、毎週金曜午後7時56分)では、アナウンサーの安住紳一郎さんらが「上越やすだ」(東京都渋谷区)を訪れた。

同店は恵比寿駅から徒歩5分の場所にある。新潟で120年以上続く老舗料亭が2014年に東京へ進出したもので、新潟直送の食材を使った料理を楽しむことができる。名物料理「のど黒土鍋飯」は、土鍋で炊いたご飯に、炭焼きののど黒のうまみが詰まっている。安住さんは「土鍋で炊いているので、いいですよね! ちょっと強めの歯応えが残ってて」と評した。

「くびき牛のほう葉みそ焼き」は新潟産のくびき牛を自家製みそで絡めた一品。食した安住さんは「おいしい! ちょっと強めのみその味にも負けない脂の甘みがあって」と満足げな様子だった。

■話題のお店に追加取材■
上越の郷土料理が食べられる「上越やすだ」は、料理で使われる素材と種類豊富なおいしい日本酒が自慢の板前割烹(かっぽう)。

店のメニューは日本酒によく合う料理が並んでおり、スルメイカを天ぷらにした上越のソウルフード「する天」(720円 税抜き)や、高級魚として名高いのどぐろを使った品など多く取りそろえている。特にのどぐろは特別なルートから1年中仕入れることが可能で、塩焼きや煮付けなどさまざまな食べ方で楽しめる。店長の中村さんのおすすめは、のどぐろを野菜といっしょに蒸してポン酢で食べる「ちり蒸し」(時価)。脂が乗ったのどぐろと旬の野菜の相性が抜群な一品だ。お米はこだわりの逸品で、新潟県産コシヒカリを使用しており、直接契約農家に出向いて、目で見て、肌で感じ、舌で味わってから仕入れている。

料理だけでなく、日本酒にも注目したい。上越にある本店のつながりから月に1度酒蔵を見学し、実際に試飲をしてから店に並ぶため、どれもお店イチオシの銘柄ばかり。日本酒は2カ月に1度ラインアップが変わるのでその時々でおすすめを聞いてみよう。

来店客でにぎわうカウンター席からは、板前が料理を作っているところが見られる。「ホールスタッフだけでなく、目の前にいる板前や、隣にいるお客さまと盛り上がっていらっしゃる方も多いですね。おすすめのお酒や旬の料理をお教えいたしますのでお気軽に話しかけてください」と中村さん。カウンター席のほかに、落ち着いた雰囲気の個室もあるので重要な接待や大人のためのデートなど、ここぞという時にも役立ちそうだ。

不忍池の桜の花を眺めながら、ゆっくり中国料理を楽しみたい!!

404241

3月25日放送の「Oha!4 NEWS LIVE」(日本テレビ系、毎週月~金曜午前4時)、「リサーチ★小町Z」のコーナーでは「お花見の定番『上野公園』誕生のワケ」と題して、リポーターの内田敦子さんが「LUCIS GARDEN(ルーキスガーデン)」(東京都台東区)を訪れた。

湯島駅から徒歩およそ3分、不忍池のほとりに建つ東天紅上野本店の9階にある。厳選素材と伝統の製法で作られた料理の数々と眺望の良さが自慢の中国料理店だ。お花見シーズンには満開の桜を眼下に眺めながら食事を楽しむことができる。今回紹介された土曜・日曜・祝日限定のランチセット「宴」(3780円 税込み※サービス料別途10%)は、前菜・点心2品・熱菜2品・ふかひれスープ・ご飯・漬物・デザート2品で構成されている。

ふかひれスープを口にした内田さんは「ふかひれにしっかり弾力があるんですけど、ものすごく滑らかですね」と評し、「満開の 景色とともに 腹満たす」と満足した気持ちを句に詠んだ。