”顔色”から体の状況を判断できる方法。

人は病んだり・疲れたり・気分が悪くなった時は顔色が変わります。その顔色から他人やもしくは自分の健康状況がいいかどうかを判断しています。

大半の人は顔色から健康であるかどうかを判断していますがどこがどうなったらこの顔色になるのかまでは判断できていません。

今日は5つの顔色の見分けかたを紹介します。

1、鼻先の色が赤いもしくは紫いろになった時

鼻先は心臓の状況を意味します。鼻先が赤かったり、紫色になった時は血圧が高い可能性があります。もしくは塩とアルコールを摂取しすぎることを表しています。これを避けたいのであらば、普段の飲食で塩分の摂取を控えめにして、タバコをやめ酒の量をコントロールしたほうがいいんです。

2、肌いろが白すぎる

肌色が白すぎるのは気血不足が原因です。女性の冷え性や肌具合はすべて気血に関わっています。改善するためには鉄分が入っている食べ物をたべでください。

3、パンダ目・顔色が暗い

朝起きて、パンダ目もしくは顔色が暗いなら、腎臓に負担が高いと意味します。塩分と糖分を控えでください。

4、耳の色

耳が赤いいろになっているのも腎臓に問題があると意味します。耳のが赤い色もしくは紫色になった時、血液循環させ
糖分と酒を控えでください。

ほっぺが赤い

ほっぺが赤いと血圧が高いと意味します。特に男性のほっぺがこんな色になった時は要注意です。タバコの量を減らせもしくは、タバコを止めて。常に血圧を測ってください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする