【フォトレビュー】JR東日本『信州そば茶』のクセになる風味

北陸新幹線開業も目前。JR東日本ウォータービジネスからは、“信州そばの実100%”の『信州そば茶』が2015年3月10日に発売されました。

特徴はなんと言っても「そばの実」「ダッタンそばの実」いずれも長野県産100%を使っている点でしょう。


この『信州そば茶』に使われているそばの実は、2014年に収穫された日穀製粉(長野市)のもの。ノンカロリー、ノンカフェインなので、その点も安心です。※そばアレルギーの方はご注意くださいね。

実際に飲んでみたところ、香ばしくも非常に柔らかい飲み口でした。そばの香りが舌の上に滑らかに流れ込んできたあと、後味にはそば特有の甘さに似た旨味と、スッキリとした穀物特有の風味が残るのみ。全く押し付けるところが無いのに、不思議な存在感があります。

自然なそばの香りをしっかりと閉じ込めた『信州そば茶』、JR東日本のエキナカ店舗や自動販売機などで入手可能です。おとなしいのにクセになる風味ですよ。

商品名:信州そば茶
価格:130円(税込)
容量・容器:280ml ペットボトル
販売箇所:
JR東日本のエキナカ飲料自販機acure(アキュア)
JR東日本ウォータービジネス通信販売
JR東日本のエキナカ店舗
北陸新幹線車内販売(一部)
発売開始:2015年3月10日(火)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする