【翻訳】生ナスを食べるとダイエットに効く?食べ物中毒に注意

ナスには血圧を下げ、コレステロールを下げる効果があります、他にも熱を下げ、体温を下げるなど保険と治療の効果があります。
しかし生ナスを含め、大量に食べると貴方の命の安全に危険を及ぼす「食事中毒」になりやすいんです。

1、ナスの栄養価値

1、血圧を下げる効果
ナスにビタミンPが含まれ、体内の血管を柔らかくし血圧を下げる効果があります。

2、コレステロールを下げる効果
ナスは体内に溜まっていた余分のコレステロールを結合させ、体内から出す事により、血液の循環にし、コレステロールを下げる効果があります。

3、ダイエット効果
ナスには脂肪を吸収する効果がありますので、ダイエットの効果もあります。

4、体温を下げる効果
夏の時、ナスは体温を下げる効果があります。特に汗疹になりやすい人にぴったりの食べ物です。

2、ナスをこんな風に食べると食事中毒になります。

1、ナスを大量に食べると食事中毒になる。
ナスにはソラニンと言う物質があり、抗酸化物質とガン細胞を抑えるなどの効果があります。ソラニンは胃腸には強い刺激があり、呼吸中枢を麻痺する作用があり、人体に摂取しすぎると、食事中毒になります。調理するとき酢を入れると少しだけれど、ソラニンの破壊もしくはソラニンを分解には効果があります。ナスのソラニン中毒を予防する一番の方法はナスの摂取量をコントロールすることなんです。しかし、普通の場合は、一回の食事に付き250kぐらいのナスは体には害がありませんのでご安心してください。

2、ナスを生で食べると食事中毒になり易い。
全ての野菜が生で食べられるわけではありません、物によって野菜を生で食べると非常に食事中毒になり易いんです。ガン物質が発生する可能性もあります。唇にシビル感じが出た時に注意してください。

翻訳元:http://jiankang.cntv.cn/2014/08/08/ARTI1407460911469166.shtml

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする