お子様を起こす時「殺傷力がある起こし方」をやめてください。

子供はよく寝坊するのは天性です、親に起こされるのは避けられません。しかしお越し方が正しいくないの場合は子供には最悪の影響を及ぼすことになります。いわば殺傷力がある起こし方。このお越しかたを使うと子供に様々な神経と心理的な問題が発生します。

以下殺傷力がある起こし方を紹介してもし自分も同じ方法でおこしたらすぐなおしてください。

1、大声出して「もう○○時だらはやく起きなさい」

大声をだして尚且つ説教系の言葉を使って子供を起こすと、子供の睡眠による安善感を奪い、ノイズびっくりし朝起きの幸せ感を奪います。

2、いきなり布団を引っ張る

この方法は酷く子供の睡眠安全感を奪い、しかも温度変化により神経にダメージを負う事になります。だから助言として子供が睡眠中に持ってる物・抱いている物・布団を取らい事を勧めます。

3、優しくない叩き方で無理やりに起こす

子供を起こす時のボディータッチ、時に乱暴な叩いて起こす方法は一番殺傷力がある起こし方です。人間は潜在意識のコントロールでいきなりの「襲撃」に対してビックリする以外反撃もします。いくつの睡眠実験中、叩くは一番最悪の起こし方です、すぐ穏便な羊を怒らせる方法です。