お茶は健康にいい

お茶には直接脂肪を溶かす効果はないといわれています。
しかし、お茶には、ご飯を食べ、栄養を吸収するとき、新陳代謝を活性化させ脂質を分解し、排泄させる効能があるのです。

脂っこい物や、動物性脂肪を多く食べた後に、お茶を飲むと、胸のむかつきが押さえられ、美味しく感じられる、というのは皆が経験した事がある事ですが、これはお茶に含まれるカテキン・フラボノールが胃の分解能力を高めるからです。逆に、空腹時にお茶を飲むと、よけい空腹になり、気分がわるくなることもあります。すべて、これらの成分による作用であると言われています。

お茶のダイエット効果の正体は、「体脂肪を溶かす」ではなく、「食後の脂肪を分解」して脂肪がつきにくくすることなのです。動脈硬化は、血液中に含まれる中性脂肪が欠陥につまることにより引き起こされます。お茶には、この中性脂肪を分解する効能があります。同じく血液中に含まれる糖分を減少させる効能もあります。ガンの抑制機能については、お茶に含まれるビタミンAやEの抗酸化作用が関係しており、ラットを使った実験で実証されています。

緑茶に豊富に含まれるアミノ酸には血圧上昇を抑える効果があり、一日三杯以上緑茶を飲むと高血圧防止に非常に効果があると言われています。

その他の効果

1、普段の寝ている時間が短縮する。
2、精神が安定します。
3、目にいい
4、眩暈がへる
5、体内にある毒成分が減る
6、食欲の向上
7、酔いさめ
8、ダイエット

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする