なぜ一日三食は健康のみなもとなのか

私達は毎日食事をしています、一日三食は健康の源です。だから、一日三食の配分はとても大事なことなんです。

一日三食の正しい配分は、朝30%・昼40%・夜25%です、必要であれば午後3時前後に少々食べても大丈夫です。

朝ごはんは粗末してはいけません。実際のところ一番食べなくてはいけないのは朝ごはんです。質がいい朝ごはんは、人の頭に必要なエネルギと栄養が補充され、頭の回転や記憶力の増強・仕事もしくは勉強の効率なども上がります。朝ごはんを抜きにした人は、記憶力が低下し元気に見えない上に反応も鈍くなります。下手をすると血糖値も下がります。

昼ごはんは一日のメインです。この時間帯の人は仕事・勉強などいろんな活動が多いんです。しかも昼ごはんから晩ごまんまでの間は5~6時間もあり、人によってはもと長いかもしれません。だから消費したネゲルギーと栄養を補充する為穀物・野菜・肉などをバンランスよく摂取したほうがいいです。

晩ごはんは控えめにしてください、晩ごなんの後の活動が少ないので食べ過ぎると太ります。しかも睡眠にも影響があります。晩ごはんは味が濃いとエネルギーが高いものを避け、野菜・果物・適量な穀物を摂取したほうがいいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする