世界ピッツァ選手権で2連覇を成し遂げたシェフが作る絶品ピッツァが自慢の店

4月7日放送の「ワイド!スクランブル」(テレビ朝日系、毎週月~金曜午後0時30分)では「『世界一の技』を持つ“イケメン”職人」と題して、リポーターの掛貝梨紗さんが「ピッツェリア エ トラットリア ダ イーサ」(東京都目黒区)を訪れた。

同店では、400度の窯の熱とシェフの情熱が宿ったナポリピッツァを堪能できる。おいしさの秘密は生地にあり、微妙な塩加減や粉の調整が味の決め手になる。そこにこだわりの自家製ピザソース、イタリアから取り寄せている2種類のチーズ、オリーブオイルをかけ、石窯に入れてわずか1分で焼き上げていく。

「マルゲリータ」を口に運んだ掛貝さんは「う~ん、チーズがおいしいですね」とコメント。シェフは「(生地が)もちっとしていると思うんですが、これがナポリピザの特徴です」と解説した。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする