中国産の食品が避けられない今、安い食品の選び方。

MIC食事安全問題は常に私達にとっては一大事の問題です。いままでの「毒ギョウザ」といい今月に話題になった上海の食肉工場の期限切れの肉の使用といい、どうして中国にこれ程の食事安全問題があると関わらず、どうして今だ中国から食品を輸入しているんでしょか?

実際、今回の事件をきっかけにして中国バッシングに走ったり、声高に改善要求をしている人も大勢います。しかし、本当に「中国産」を問題視したり批判するだけで大丈夫でしょうか?

a5ce0411e3d3fbaeba398bf8b8cd8805

2006年、中国から食品輸入額は9300億円を突破、その後、食品問題に連れ、この額を減らしていましたが、現在ではほぼ同等の水準まで輸入されています。1990年は2300億円ほどであったことを考えば、現在の中国との結びつきがいかに強いものにたってきているかが分かっているでしょう・両国間の関係がどうであろうとも、単価のやすい中国産食品は日本にとって、もはや不可欠な存在となっています。

その背景には、安い食品を必要としている人が、国内に大半せめています。経済的に余裕のある人ならいざしらず、誰もが有機栽培食品や高価な国産品だけで生活できるわけではありません。

お金がない人は、フォストフードでも激安食材店だろうと、一円でも安い食品に頼らざるを得ない、綺麗ごとでは済まない人も多いはずです。

1.薬品による脱色、着色は食品偽装のグレーゾーン

古くなった生鮮食品(いわゆる生もの)の葉の部分や根菜の表面を薬品につけるなどして、見た目をよくする技法があります。これはぱっと見だけでは判断ができないので根っこ部分が極端にヘタっていないかなど全体との鮮度のズレがないかを比較をすることを忘れないように。とはいえ、クレームを入れてお店から撤去されては元も子もないので基本的な食品偽装の手口を知ったうえで納得できる範囲なら購入することを推奨します。

2.格安量販店は翌日か当日に使いきらないとアウト

賞味期限ギリギリになると、在庫処分として販売されることもあるのですが、自分の店で売らずに転売して別の量販店で信じられない激安価格に設定されることがあります。しかも、ラベルを張り替えたりパッケージをし直したりする悪質な業者もいるので本当の期限がわからなくなってしまいがちです。そんなわけで保存がききそうなものであっても、なるべく早く使いきりましょう。

3.ひき肉、練り物系は再利用の可能性がある

これも食品偽装としては基本的な手口です。スライス肉が売れ残ればひき肉にします。魚も同様にミンチにされます。そして、その加工日が商品ラベルに記載されてしまうこともがままありあます。とはいえ、腐っているわけではないので高熱で調理するなら購入してもいいでしょう。あくまで自己責任ですけど。

4.保存がきく缶詰や乾物ものでも日系の会社(合弁会社)の商品かどうかをチェック

これはギャンブル的な要素です。中国産の食品でも加工している会社が日系企業の場合、生産管理も多少は信用できる……ような気がすると和田さんは言っています

5.そもそも安い商品に「掘り出し物」はないと心得る

ここまでみてくれば言うまでもないですが、安くなる理由は必ずあります。それでも買うのであれば、相応の自己責任が発生します、ということです。

参考元:ウートピ
http://wotopi.jp/archives/7787

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする