季節の杏仁豆腐対決!あなたはどちらが好み? さっぱりのセブンVSまったりのローソン

春の暖かく気持ちよい気候となり、さっぱり爽やかなデザートが欲しくなるこの季節。
セブンイレブンとローソンでは、フレッシュな柑橘をたっぷり使った杏仁豆腐が登場しています。

セブンイレブンの「さわやか果実&とろける杏仁」とローソン「杏仁豆腐 清見オレンジトッピング」です。

オレンジとホワイトの明るく華やかな両商品。外見は似ていますが、食べてみると大きな違いがありました!さっそくお味のご紹介をしたいと思います♪

まずはセブンイレブンの「さわやか果実&とろける杏仁」からいただきます。

ずっしり重量感たっぷりなのに、カロリーは1包装あたり145kcalとヘルシーなのが嬉しい。価格は204円(税込220円)でした。

のどごし良さそうな杏仁豆腐の上には、みずみずしいデコポンと、とろとろのオレンジソースがたっぷり。

デコポンとオレンジソースをすくってひとくち。
デコポンの濃厚な甘みが口の中にいっぱい広がって、とてもジューシィ!

杏仁豆腐はミルク感がありながらもすっきりとした味わいで、とろとろ&ぷるぷるとってもなめらか。さっぱりしながらも、コクがある上品な味わいの杏仁豆腐です。

つるつるとなめらかな口あたりが心地よく、ボリュームの割りにペロリと完食できちゃいます。

続いて、ローソンの「杏仁豆腐(清見オレンジトッピング)」もいただきます。

セブンの「さわやか果実&とろける杏仁」に比べてやや小ぶりですが、価格は273円(税込295円)と少し高め。ちがいはあるのでしょうか?

セブンは「デコポン」ですが、ローソンは「清見オレンジ」をトッピング。

上に乗っているオレンジのジュレがひときわ美味しそうに見えます。杏仁豆腐が主体のセブン「さわやか果実&とろける杏仁」よりも、ローソンの「杏仁豆腐」の方がオレンジ&ジュレの部分が多く、杏仁豆腐と半々くらいあります。

カロリーは1包装あたり150kcal。サイズはこちらの方が小さいので、密度の濃い美味しさが期待できそうです。

開けてみると、ジュレもオレンジの実もたっぷり乗っています!存在感大でフルーツ好きには嬉しいボリュームですね。

こちらもまずはオレンジとジュレだけでひとくち。

ジュレは柑橘の爽やかな酸味で、新鮮な果実の旨味がぎゅっと凝縮されたような濃厚な味わいです。オレンジもサイズが大きく食べ応えがあって、甘みと酸味が口いっぱいに広がります。

杏仁豆腐もセブンのものよりしっかり固めで、とてもクリーミィで濃厚です。杏仁の香りもずっと強く、“ザ・杏仁豆腐!”という感じ。

さわやかな柑橘系の酸味と甘みが、コクのある杏仁豆腐によく合っています!ジュレが多いので、とっても贅沢な気分になりますね。

う〜ん、どちらも甲乙つけがたく美味しい!

セブンイレブンの「さわやか果実&とろける杏仁」は、完熟の甘い柑橘をさっぱり楽しめる爽やかな仕上がり。

ローソンの「杏仁豆腐(清美オレンジトッピング」は、まったりとした濃厚さと酸味のコントラストが効いたでゆっく贅沢な味わい。

それぞれに特徴の違う杏仁豆腐は、その時の気分に合わせてチョイスしたい美味しさでした。
季節限定の味ですので、気になる方はどうぞお早めに!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする