心理的に健康であるかどうかを判断する要素

人は心理的に健康であるかどうかを判断するのは、この人は大勢の人と得に同齢と同姓の人と一緒であるかどうかで判断します。
だから心理的に健康であるかどうかは以下の3つの事で判断します。

  • 知力の正常
  • 感情が安定している
  • 人間関係が安定している

u=3107754378,262312532&fm=23&gp=0

1、知力の正常
知力正常は人として生活・仕事・勉強の基本条件で、心理相談の中で大低の人がこの能力が備えていますので普通は知力の心理テストは不要です。

2、感情の安定と前向き
心理的に健康かどうかに一番かかわるのは感情の安定と前向きです。心理的に健康の人は落ち込まないではまりません。
感情が安定しているかどうかは、この人は喜怒哀楽の感情は比較的に均等しています。

3、人間関係が安定している。
通常、人間関係の安定はこの人の心理的に健康であるかどうかの重要な印です。心理的に健康な人は、他人を信じ尊重し、身をもって他人を理解し、いい方法で他人を自分のことを理解させられる。これによって、どんな地域、どんな部署にいっても皆と仲良くなれる。心理的に健康な人は別に他人ともめないこととはありません。他人ともめった場合は、積極的に問題と向きあい、有効に問題を解決することにより、新しく自分のことを他人に知ってもらえることです。
健康と言うのは飲食・行動・習慣だけではなく、心理要素も不可欠です。この人は健康であるかどうかはまず心から見てください。体が不健康であっても心が健康であれば、この人は健康体と言えます。

健康な心を持っているこそ、健康の体を作れる。逆に健康な体を持っていて不健康な心の持ち主なら健康体とはいいいません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする