携帯を長時間使用したら目が疲れるのは保護フィルムのせい?

以前のネットユーザーはPCを使ってネットサーフィンをしっていましたが、スマートフォンが出てきてから人々はスマートフォンでWEBを見たり、買い物をしています。その為長時間携帯画面を見つめる事になって目が疲れる事になります。一般的に考えると携帯画面を見すぎるに関係があると思いますが、保護フィルムによって目を疲らせることを知っていますか?

今市販でよく見られる保護フィルムの種類は以下の8種類になります。

  • 光沢タイプ
  • 反射防止タイプ
  • キズリベアタイプ
  • スムースタッチタイプ
  • ブルーライトカットタイプ
  • 耐衝撃タイプ
  • 強化グラスタイプ

以上8種類の保護フィルムを貼り付けると文字の見易さが落ちることが判明しました。

携帯もともとの照度は比較的に低い上に更に保護フィルムを貼ると透過率が低下します。目に入る光が少なくなるので、目が疲れやすいです。そして保護フィルムの品質が悪いと、フィルムに傷が付き反射される光の邪魔をする事により目が疲れやすいです。

現在の携帯のフロントグラスは丈夫になり、普通の使用上では傷つき難くなりました。その為携帯に保護フィルムを貼る必要性がありません。

もし携帯を使用し目が疲れた時、目を休む他保護フィルムに関係があるかどうかを考えてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする