日本映画の巨匠が認めた老舗の味! 伊吹五郎もうなった絶品「すっぽん鍋」

3月8日放送の「伝説飯5~レジェめし~ 語り継がれる最強グルメ列伝」(フジテレビ系、日曜午後4時5分)で「伝説飯をさがせ!古都・京都 伝説飯ツアー」と題して、俳優の伊吹吾郎さん、お笑いコンビ「ロザン」の宇治原史規さんが「大市」(京都府京都市)を訪れた。

同店は、日本を代表する映画監督が愛してやまなかった、すっぽんの専門店。創業330年を誇る京都でも指折りの老舗だ。建物や調度品の多くが現在も創業当時のまま使用されている。今回注文したコースの「すっぽん鍋」は、燃料にコークスを使い1600℃以上の高温で一気に炊き上げることで、すっぽんのうまみを引き出している。

2人は「まる鍋コース」(24000円 税込み サービス料込み)を注文した。まずスープを食した伊吹さんは「うーん!」とうなった。味付けは、酒・しょうゆ・ショウガのみで上品な味わい。続いて、すっぽんの筋肉質な部分を食べた伊吹さんは「うわー、言葉が無いよ、これ! うまい! くさみがない」と称賛した。締めの雑炊の具は、なんと玉子と餅のみ。雑炊を食す宇治原さんは「染みこんでますねぇ」と、その味を満喫した。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする