東京・白金台の高級料亭で季節を感じながら優雅に料理を堪能

3月16日放送の「有吉ゼミ」(フジテレビ系、毎週月曜午後7時)、「突撃!総理の晩ごはん」のコーナーで、お笑いコンビ「博多華丸・大吉」の博多大吉さん、漫画家の蛭子能収さん、プロフィギュアスケーターの安藤美姫さんが「壺中庵(こちゅうあん)」(東京都港区)を訪れた。

白金台駅から徒歩2分ほど、1万2000坪もの日本庭園「八芳園」の高台にある高級料亭。壁一面の窓から季節を感じられる純和風の空間で、優雅に料理を味わうことができる。

一行は1品目の「真魚鰹(まながつお)の柚庵(ゆうあん)焼き」を食した。安藤さんは「リンゴと食べることによって洋風な味に変化する」とコメント。大吉さんは「真魚鰹の弾力がおいしい。淡泊な味のはずなんですけど、リンゴと一緒に食べることによって甘さが引き立つ」と評した。2品目は、山口県産の新鮮でプリプリの黒鮑(あわび)を揚げた「鮑の白扇揚げ」。食べた大吉さんは「ふわっふわですね」と驚いた。3品目は、付け合わせに柳松茸(やなぎまつたけ)が添えられた「金目鯛(きんめだい)の煮付け」。大吉さんは「味付けが上品。脂がしっかり乗って身がしまっていておいしい」とその味を堪能した。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする