林家三平が「草餅」を食べて春の香りを満喫 新井薬師参道の老舗和菓子店

3月25日放送の「別冊主治医が見つかる診療所 健康スイッチ」(テレビ東京系、毎週月~金曜午後5時20分)、「名医と行く健康ツアー」のコーナーで、医師の丁宗鐵さんと落語家の林家三平さんが、甘味喫茶「富士見野」(東京都中野区)を訪れた。

新井薬師前駅から歩いておよそ8分、お薬師さまとして知られる新井薬師梅照院の参道「薬師あいロード商店街」に店を構え、創業して80年の老舗和菓子店。今回丁さんは「草餅」(1個140円 税込み)を薦める。ポイントは餅の緑色のもとになっているキク科の植物ヨモギにあるという。

たっぷりのあんこをヨモギで作った緑色の薄皮で包んだ草餅を口にした三平さんは、目を閉じながら「うん、この香りがいいですね! 春の香りだ」と味わった。丁先生も「軟らかくておいしいね」とコメントした。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする