栄養バランスをもう一度考えてみましょう

「栄養バランス」は誰でも知っていて、誰でもよく理解していません。人は生きていくために必要な栄養は「カロリー」(通称エネルギー)「体を作る栄養」「体の調子を整える栄養」の三つに分けることができます。これらは相互に関係しあって動くので、このうちのどれが多すぎても、少なすぎても、体調不良になり、病気になりやすくなります。この三つのグループの特徴から、改めて栄養バランスの大切さを考えましょう。

「エネルギーになる栄養素」=糖質・脂質

エネルギーになる栄養素は糖質・脂質、蛋白質ですが、中心になるのは糖質と脂質です。糖質も脂質も摂取しすぎると、太るや生活習慣病に招きます。糖質と脂質が足りないと体や脳を動かせるエネルギーが足りなくなることによってさまざまなトラブルを招きます。また脂質は、血管やホルモンなどを作る材料でもあります。逆に美容のためにやせようと脂質を極端に摂らないと、肌が荒れるなど逆効果になります。

「体を作る栄養素」=蛋白質

筋肉や血管、内臓など、体の組織はタンパク質でできています。成長期はもちろん、成人後も体内では常に古い細胞が壊れ、新しい細胞が作られているので、きちんと摂らなくてはいけません。体を作る働きは、大豆など植物性タンパク質よりも、肉や魚、卵などの動物性タンパク質のほうが優れています。そのため、高齢者などがもう必要ないからと極端に肉を食べないでいると、低栄養状態に陥るケースも多いのです。ダイエットで肉を控えている人も注意してください。

「体の調子を整える栄養素」=ビタミン・ミネラル・食物纖維

ビタミンやミネラルは、糖質からエネルギーを作り出したり、タンパク質で体の組織を作るのを助けるほか、神経伝達や免疫機能でも重要な働きを担っています。また、食物繊維は便秘を防ぎ、腸の調子を整えるために欠かせません。
これらの栄養素は、いずれも現代の食生活では不足しがちなので、心がけて摂る必要があります。

しかし、むやみに摂ればいいというものではなく、それぞれの摂取バランスも大切です。たとえば、カルシウムを過剰に摂ると、マグネシウムの吸収が阻害されてしまいます。カルシウムとマグネシウムの理想のバランスは2対1だといわれています。ただし、ビタミンもミネラルも、普通の食事をしていれば、過剰症を起こす心配はほとんどありません。バランスよく摂るためには、限られた食品やサプリメントを極端に多く摂り続けたりせず、ビタミンやミネラルがたっぷりの野菜や果物などをなるべく多品目食べることがいちばんです。そうすれば、自然に多種類の栄養素をバランスよくとれるようになります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする