渋谷で60年以上も愛されている 昭和レトロな喫茶店の「オイスタートースト」

3月19日放送の「スーパーJチャンネル」(テレビ朝日系、毎週月~金曜午後4時53分)では「時代を越えて愛され続ける 絶品の“昭和レトログルメ”大特集」と題して、リポーターの宮脇理恵子さんが「珈琲店トップ 渋谷駅前店」(東京都渋谷区)を訪れた。

同店は、若者の街渋谷の真ん中で60年以上も愛されている喫茶店だ。店の魅力について常連客は「ほっとするんだよ。年配の人間にとっては」と話す。いろいろなバリエーションのトーストが名物だ。広島産カキのオイル漬けを使った「オイスタートースト」(670円 税込み)やイワシのオイル漬けを使った「サーディントースト」(630円 税込み)が人気だ。先代社長がオリジナルのトーストを考えるよう指示したことがきっかけで考案された。

「オイスタートースト」を食べた宮脇さんは「カリッとふわっとしたパンと、シャキッとしたネギと、クリーミーなカキ。最高ですね」と、長年愛されている昭和レトログルメを堪能した。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする