無添加の危険性

食品業界において、原料中には含まれるが使用した食品には微量で効果が出ないという判断から、法律によって表示を免除されます。
最終食品に残存しないものと見なされる加工助剤や、製造・加工の際に添加するものではなく、原料の段階で添加したものは、表示が免除されます。

その為、「誰が、何を使って、どういう風に作っているか?」を徹底的に調べから食品を購入したほうがいいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする