無農薬野菜と有機野菜の違いって?

有機野菜とは、農林水産省にて制定された「有機JAS規格」に適合した生産条件のもとでつくられ、また登録認定機関にその適合性が認められた野菜のことを指します。
単年作物(ほうれん草など)では二年以上、永年作物(たまねぎなど)では三年以上禁止農薬や化学肥料を使用せずに栽培している野菜であること。
圃場(畑)や施設、用具などに農薬や化学肥料の飛散、混入がないこと。
遺伝子組み換え野菜でないこと。
害虫防除の際、農薬に頼らないこと。

無農薬野菜とは、栽培期間中に農薬を使わないで生産された野菜のことを指します。ポイントは、「栽培期間中に」農薬を使わない、という点です。
もしも、栽培期間外に、つまり昨年の栽培で農薬を使った場合、農薬や化学肥料がその土壌に残っていたとしても、今年度に農薬を使わなければ作られる野菜は無農薬野菜として扱えます。

今日は、入門的(概念的)なこと。自分も、長有研にきて学んでいます(専門家の方には初級すぎですが)。

有機農業をやっている産地というのは、全国にいろいろあると思いますが、そこから出る農産物がすべて、

「有機農産物」というわけではありません。長有研も、環境方針を掲げて、30年、有機農業をやってますが、

「有機」の圃場は一部です。こういう状態になったのは、「法制度化」されたからです。

世界基準にならったわけです。今日のテーマは、無農薬でなく、現在の制度における「有機」を

わかってもらうことにあるので、若干、いびつな部分があることご容赦ください。

表題の問題になりますが、実は、法制度下では、「無農薬野菜」という農産部は、流通していないことに

なっています(農林水産省HP)。でも、ときおりみかけることもあるかと思います。ここではその想定で。

問題 ( ) の中を考えてみてください。

・無農薬野菜はその栽培期間中、農薬を使用して(  )が、第三者による認証を受けて(  )。

・有機野菜はその栽培期間中、農薬を使用して(  )が、第三者による認証を受けて(  )。

(a) いる     (b) いない     (c) いる場合もいない場合もある

答え

・無農薬野菜は農薬をその栽培期間中、農薬を使用して(b いない)が、第三者による認証を受けて(b いない)。

・有機野菜はその栽培期間中、農薬を使用して(c いる場合もいない場合もある)が、第三者による認証を受けて(a いる)。

「無農薬野菜」というのは、今は、農林水産省のガイドラインによると、認証を受けていれば、「農薬:栽培期間中不使用」という表示をしなければいけなくなっています。なので、「無農薬野菜」と表示してあるということは、認証を受けていないということになりますし、ガイドラインに沿っていないということでもあります。

有機農産物の大きな特徴は、「第三者認証」という手順を踏んでいるということです。これは、

「情報が開示」されているということです。圃場の管理、栽培方法、施肥、これらすべてが、

認証機関によってチェックされて、初めて「有機農産物」になります。情報開示による認証です。

実際のところ、認証作業には膨大な経費もかかっています。しかし、それを商品代金の価格に転嫁

できるかどうかは、景気の動向や消費者理解によるので、産地としてはやっかいな問題です。

そして、もう一つ、「有機農産物」には、「許容農薬」というものがあります。環境に配慮された、農家から

すれば効果の薄い農薬なのですが、それでも使用してよい農薬があります。主なものは、生物系のものや、

伝統的に昔から使用されてきているものなどです。なので、「有機農産物」の中には、栽培期間中にこの

許容農薬を使用したものと使用していないものの両方があります。

それで、農林水産省さんは、便宜的な言葉を決めました。それは、

(全農薬)-(有機許容農薬)=(節減対象農薬)。

なので、有機農産物はすべて、「節減対象農薬:栽培期間中不使用」ということになります。

わかりにくいし覚えられない?最後の 4 行はお役所の仕事なので、まあ、そういうこととしてで。

引用元: 長崎有機農業研究会・長有研の日々(週?)ブログ  http://choyuken-blog.com/2013/09/20/jas-2/

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする