焼き鳥のたれを使う「美味だれ焼そば」

同店の前を通り掛かり、ボビーさんが「ここの名物は何ですか?」と尋ねると店主は「この町の名物は焼き鳥」と答えた。昼食に焼そばを食べようと3人は店に入る。東尾さんが「みそだれ焼そばと濃ソース焼そばと両方あるんだね」と品書きに注目すると、店主が「美味だれ(おいだれ)っていうの。ニンニクとおしょうゆが基本なんですよ。上田の焼き鳥屋さんでそれぞれのたれがあるんですよ」と説明した。昭和30年代から、すりおろしのニンニクが入ったしょうゆベースのたれで焼く焼き鳥が上田市で人気となり、ご当地グルメとして親しまれているという。

焼き鳥用のたれを使った「美味だれ焼そば」を食し、東尾さんと魔裟斗さんが「おいしい。ポン酢でもないけど、甘いし…」「ちょっとしょうゆも入って…」「ニンニクも入ってる」とその味を探っていると、店主から「甘みはリンゴです」との声。3人は驚きつつ、満足げな表情で店を後にした。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする