生活中に一番汚い行為と一番命な習慣

ZnLL8TCqdVVCdpc_jxm5Z_5

1、寝る前に歯を磨かない事
朝起きて歯を磨くより、夜寝る前に歯を磨いた方が重要です。口の中の黴菌を取り除くが出来ると共に歯を守ることもできます。しかも43%の人は寝る前に歯を磨くのを忘れた事があると認めています。
専門家によると、人が眠るとき唾の量が大幅減ることになります。唾は殺菌の効果があるんので、たまに歯を磨くのを忘れると、口の中に黴菌が入る危険性が大きくなります。

2、毎日パンツを穿き替えないこと
女性のパンツは必ず毎日洗って毎日新しいのを穿き替えてください。調査によると52%の女性は毎日パンツを穿き替えていません。専門家によりますと、一日中に穿いたパンツの中に0.1グラムのウンチがついています。この1グラムのウンチに1000万のウイルスと100万の黴菌と1000個の寄生虫と100個の虫の卵がついています。これらの物は手に付いた状態で手を洗わず性生活をしたら病気になります。

3ab134388b117fd6284f952a30cda9db

3、三秒ルール
食べ物が落としてすぐ拾ってたべると大丈夫言わば三秒ルールが人々に多く知られていますすが、実際はどうなんでしょうか?研究員によると、こういう言い方は大きい誤解を生みます。実験では食べ物が地面に落ちるとたったの二三秒ぐらいで黴菌にやられます。だから食べ物が落としたら、もったいない精神を捨てて、ずに捨てなさい。得に子持ちの方は要注意です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする