的場浩司も大感激! 水戸黄門ゆかりの伝統の郷土料理

3月15日放送の「遠くへ行きたい」(日本テレビ系、毎週日曜午前6時30分)では、「梅香る!黄門さまと歩く町」と題して、俳優の的場浩司さんが「山翠」(茨城県水戸市)を訪れた。

同店は、創業65年あんこう鍋の名店として全国に知られる郷土料理の店だ。太平洋の海原と、緑豊かな大地が広がる茨城の豊かな自然が育んだ四季折々の旬が堪能できる。、水戸黄門にゆかりのある「黄門料理」は、「白牛酪」という江戸時代のチーズの一種、牛肉を煮込んだ「羹(あつもの)」、あんこう料理、豆を使ったごはんなど、栄養バランスを考えたメニューとなっている。

的場さんは「黄門料理」の中の「牛肉の羹」を手にし、「うお、ゴロっと肉が入っている!」とコメント。 スプーンで牛肉をすくいあげ、「牛肉の羹」を口に運んだ的場さんは、「うまい!」と大満足の様子。伝統の郷土料理の数々を堪能した。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする