石ちゃんも大満足! 創業64年、築地の老舗の名物「シュウマイ」

3月14日放送の「メレンゲの気持ち」(日本テレビ系、毎週土曜午後0時)では、「石塚英彦の通りの達人」と題して、タレントの石塚英彦さんが「幸軒」(東京都中央区)を訪れた。

同店は創業64年、築地にある中華料理屋。朝は築地で働く人達に、お昼はサラリーマンに愛されてきた老舗だ。人気メニューは自家製シュウマイや茶碗カレーなど。ボリューム満点の自家製シュウマイは、豚肉と大量の玉ねぎを使用しているので、餡が甘いのが特長。1コからでも注文OKだ。

石塚さんは「ジャンボシュウマイ」(150円 税込み)を店頭で試食することに。皿に乗ったシュウマイを見て「これ、わかります? ドラゴンボールと同じくらいの大きさですよ」とその大きさを評した。そして、店長おすすめのウスターソースをかけて食した石塚さんは「合いますね。ほんとだ。ソースが合いますね」とコメント。築地の老舗の味に舌鼓を打った。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする