船の中をイメージした純喫茶で食べる昔懐かしの「鉄板ナポリタン」

3月19日放送の「スーパーJチャンネル」(テレビ朝日系、毎週月~金曜午後4時53分)で「人情で絶品”昭和レトログルメ”」と題して、リポーターの宮脇理恵子さんが、「純喫茶マリーナ」(東京都墨田区)を訪れた。

東京スカイツリーのある墨田区で営業する同店は、昭和48年創業のレトロな喫茶店だ。常連客も多く、一日に2度店を訪れる客もいる。海好きのマスターが船をイメージして作ったという店内で、メニューにも海を意識した「マリーナ丼」(800円 税込み)がある。これは、シーフードと鶏肉でできたオリジナルメニューだ。そして、創業当時から人気メニューは昔懐かしい鉄板皿の「ナポリタン」(680円 税込み)だ。

常連客達は、「鉄板なのでずっと温かい」、「焦げたところがまた美味しい」と口々に称賛した。マスターは、鉄板へのこだわりを「ジュージュー音を立てて食べるところがまた良いと」と語った。宮脇さんは「昔懐かしい味がします。素朴で、これは本当においしい」とコメントした。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする