身の柔らかさに石ちゃんも驚愕! 高級深海魚「アブラボウズの煮魚」

3月21日放送の「メレンゲの気持ち」(日本テレビ系、毎週土曜午後0時)の「石塚英彦の通りの達人」のコーナーで、「銚子電鉄で行く! 春先取りグルメ旅」と題し、石塚英彦さんが「銚子さかな料理かみち」(千葉県銚子市)を訪れた。

同店は創業45年の和食処で、銚子で水揚げされた旬の魚料理を楽しむことができる人気店。今回、石塚さんがいただいた「アブラボウズの煮魚」は、アブラボウズという水深約500~1000メートルほどの海底に生息する深海魚を煮付けた一品。アブラボウズはその名の通り、身にたっぷりと脂を含んでおり、濃厚な味わいが特徴。

運ばれてきた「アブラボウズの煮魚」に、石塚さんは「いやいや、いい照りだしてますよこれ! この身の柔らかさ!」とコメント。一口食べると「まいう~! こいつが1000メートル潜らないといないんですね!? 柔らかいからすぐほぐれるんですよね!」と称賛。 アブラボウズの煮付けに舌鼓を打った。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする