選び抜いた銘柄豚を食べ比べ! 六本木の「豚しゃぶ専門店」

3月17日放送の「なないろ日和!」(テレビ東京系、毎週月~木曜午前9時28分)で「とこトン 豚づくし!」と題して、料理研究家の島本美由紀さんとタレントの乾貴美子さんが、「豚組 しゃぶ庵」(東京都港区)を訪れた。

同店は、六本木にある豚しゃぶの専門店。レトロな調度品に包まれた店内で、様々な銘柄豚が味わえる。世界各地の生産農家と契約した30種類の銘柄を揃えており「スタンダード」「プレミアム」「特選」「特別希少」など店独自のランクごとに数種類の銘柄を食べ比べることができる。

早速2人はその日おすすめの、あっさりした甘みの「ハーブ豚」、甘みの強い「鹿児島純粋黒豚」、脂身が溶ける「金豚王」を塩だれで食べ比べた。島本さんは「ほんとに味が全然違う!」と称賛。乾さんが銘柄ごとに甘みが違うことに驚いた。さらに、希少な豚「幻豚」が登場。長野の銘柄で、豚市場にはほとんど流通しないという。甘みが特徴できれいなピンク色をしている豚肉だ。乾さんは「今までの豚で一番甘い! 噛めば噛むほど甘みが広がる、しつこくなくておいしい!  豚の楽しみ方って無限ですね」とコメントした。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする