都々井で特盛ちらし 五反田名物・駅高架下の粋な立ち食いお寿司屋さん


筆者には、いくつか愛するお店があります。このたびご紹介したいのは、東京・五反田の立喰いずし“都々井”です。

行き交う人々の思い出を作る都々井ずし


五反田は、JR、浅草線、池上線などがいきかう便利な場所。賑やかだけど、独特の場末感もあります。この地に降り立ったとき、駅高架下にある都々井というお寿司屋さんを見たことはありませんか。


寿司屋の値段は、のれんの大きさに“反比例”するという説を聞いたことがあります。都々井の場合は、果たしてどうでしょう。美味しいお寿司を手頃な値段で食べさせてくれます。

ランチのメニューが、とりわけオススメです。

筆者のオススメは「ちらしの特盛り」……


お茶は、元気なおじいちゃんが入れてくれます。このおじいちゃんは、お寿司を握りませんが、お店のマスコットのような存在です。美味しいお寿司も魅力的ですが、このおじいちゃんの元気な姿を見たいので、私は都々井に通っているのかもしれません。


店内には歌川広重「東海道五十三次」のポスターが飾られていたりと、小江戸情緒の粋な雰囲気です。平日のお昼に時間がとれたときは、このお寿司屋でのランチは至極の楽しみです。


これで900円。素晴らしいじゃないか。食べきれないのではないかと、ほんのつかの間、たじろぐことも。しかしながら、あまりの美味しさに、いつも完食してしまうのでした。


人生に与えられ、過ごすことができる時間は限られています。愛する場所で愛する人と過ごしたい。大盛りちらしを食べるランチタイムは、日々がんばる人たちへのご褒美なのかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする