野菜があるべき姿|量と安全を重視による質の低下

私達は料理するとき必ず野菜や果物などの食材を買いにいきます。そのとき悩むのは「食材の選択」です。有機野菜・無農薬・減農薬の米・国産の小麦などなど、様々の選択からひとつを選びます。

農薬の使用に対して いいのか 悪いのか の以前に農薬や肥料が野菜のそのものを変えてしまう

4adff29bc6639

農薬や肥料を使用した農業法があった為、人々が飢えることが無くなりました。農薬がいいのか悪いのかではなく、それらを長い間にしようし続けたら野菜の栄養価値が変わってきます。

科学技術庁 食品成分分析調査のデータによると昭和26年と平成14年比べ、ほうれん草に含まれるビタミンAは10分1しかありません。みかんに含まれるビタミンAは50分の1です。

こうやて比べて見ると、現代の野菜はただ見た目だけが野菜であって栄養価値はことんどがない状態です。結果的には現代の人々は野菜かわわずかの栄養をとって、生きています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする