野菜があるべき姿|一本のきゅりとこれからの生活

nico-handbook

野菜があるべき姿|量と安全を重視による質の低下

野菜があるべき姿|人々の認識変化及び科学部質による過敏症

以上二つの記事に基づき、野菜栽培が有るべき姿は自然栽培です、もっとも健康でもっとも食材そのものの価値をひっぱりだせる栽培法です。

自然栽培の特徴 一本のきゅうり

IMG_6125

味が同じなのに形が不揃いの理由できゅうりが安売りされる場合があります。味は同じなのに見た目の違いだけで人の判断んが違ってきます。しかし、きゅうりからすると一本を実らせる為精一杯頑張っています。

食べ物には様々な動きがあります。例えば、きゅうりを折るともととうりにくっつきます。

動画で紹介した通り、自然栽培のきゅうりを折るとくっつくのが早いんです。また、実っている状態のきゅうりを折ってみますと、農薬や肥料を使って育てたものは、折ったところから水分が流れ出て枯れてしまいます。しかし、自然栽培で育てたものは、折ったところからまた成長を続けるのです。

syojo

科学部質過敏症について

科学部質過敏症の方々には、食のことを考えてしょしいと思います。健康な方は日々の食に気を配ることで、将来の発症を防ぐことにも繋がります。化学物質過敏症の方々の為にも、生産者の意識を「社会のために食を生産するんだ」というものに変えていきたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする