野菜があるべき姿|人々の認識変化及び科学部質による過敏症

前回「野菜があるべき姿|量と安全を重視による質の低下」では野菜の現状及び産量と安全性重視による品質の低下について語りました。

今回は人々は野菜にたいしての認識と科学部質による症状について語ります。

人々の認識 生産者の意識が変わりつつであり、消費者はあんまり無関心

url

生産者の意識は変わり始めていますが、消費者の方はあんまり無関心なのは現状です。ぎゃくに高額なバックを半額で売ったらかなり買う人が増える一方です。

日本の現状および海外から評価

map_kaigai

日本の現状は世界一の農薬使用国です。海外では「日本の野菜は健康に以上をきたす場合があるので、食べない方がいい」と書かれた旅行者向けのパンフレットもあるらしいです。

厚生労働省の発表

url

厚生労働省によると、国民60%以上は科学物質による過敏症があると発表されました。そうなた原因は毎日の食事に関係していると思われます。

また、ある研究によりますと、科学部質過敏症は親子子孫三代まで続きます。そこに歯止めをかけるのが親として、そして社会の先輩として当たり前のことではないとかと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする