野菜を洗うときの三代禁忌

野菜や果物の表面に農薬が依存していますので食べる前に必ず洗うのは一般的な常識ですが、でも洗う時はやって行けない事があります。

1、洗米水で洗う。

節約が好きな方は水を節約する為、洗米水を利用して野菜や果物を洗う癖があります。でも食用米にも農薬があり虫の卵が残存する可能性もあります。水の量が足りない時は農薬洗え切れずそのまま農薬の池になります。

ではその洗米水で野菜や果物を洗うとどうなるでしょう?

2、塩水で洗う

塩水は野菜や果物にある虫を洗い安いです。でも塩そのものがクリーン能力が低下します。もし塩分が多いと農薬の浸透性が高まり、あえて逆効果です。

3、洗剤であらう

洗剤の成分が複雑な為使用後二次残留を避けるため大量の水で流してください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする