食べる時30回噛む理由。

食事の時よく噛みゆっくり食べると、食べ物消化栄養吸収に影響を与えるだけではなく、他のところにも影響を与えることを知っていますか?

腸と胃の保護

imgres
食事中に食べ物をよく細かく噛むとにより、唾液の分泌量が増え。唾液にある蛋白質が胃に入り反応し蛋白膜というものを生成します。蛋白膜は胃を保護しますので食事をするとき、胃を守る為よく噛んでから食べてください。

虫歯の予防

09a0229b2f90ba3cb38c7ff0df6d5fd4
よく噛む事により、歯肉の表面は唾液に洗える事になり、歯の表面が綺麗にする効果があります。それによって虫歯の予防に役に立ちます。

美容とダイエット

imgres
噛むという動作は間接的に顔の筋肉を動かせます。部分的の血液循環を改善します。それによって顔のしわが減り、顔色がよくなると同時にダイエット効果もあります。

癌の予防及び延命

人体の唾液腺が唾液を分泌する時、パロチンという物を同時に分泌します。このパロチンは血液に吸収され組織の老化を抵抗します。結果噛むことにより唾液腺から唾液が増えると同時にパロチンも増え、パロチンが血液に吸収さら老化を抵抗する。これによって延命します。

唾液にあるオキシダーゼとペルオキシダーゼは癌物質の毒性を消せますので癌の予防にも役に立ちます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする