食事前後の運動による正しいダイエット法

img_0

食事前後の運動(ジョギングなど)で痩せる方法を紹介します。

よく言われるのは、食事後より食事前いわゆる空腹で運動をしたほうが効率がいいといいますが、実際のところはほぼ無視できるほど大差がありません。

確かに食事前の運動は脂肪が燃焼しやすい、しかしカロリーを直前に摂取していないため、消費するカロリーは筋肉や肝臓に蓄えられたグリコーゲン(エネルギー)を消費した後は体脂肪から持ち出すしかないからです。

これに対して食事の直後に運動を行う場合、摂取したカロリーを優先的にエネルギー源として使用するので、体脂肪からエネルギーを取りだす量は必然的に少なくなります。
しかしこのことをもって、空腹時の運動の方がダイエット効果が大きいとは決して言えないのです。
食事で摂取したカロリーは、消費しきれなかった分が脂肪に変換されて体に蓄えられます。
食事の直後に運動を行えば摂取したカロリーを優先的に使うので体脂肪が減る量は少なくなりますが、その代り食事で摂取したカロリーが消費しきれずに余る量が減るので、脂肪に変換されて体に蓄えられる量も減るのです。

カロリとは | カロリーのコントロールによる健康的なダイエット方

逆に食前に運動をすればエネルギーを取りだすために体脂肪を優先的に消費しますが、その後に食事をすれば食事分のカロリーの全てが体脂肪として蓄えられます。

食後に運動をする時タイミンングおよびダエット効果images

簡単にいいますと、いつ運動を行ってもダイエット効果は同じです。

もともと、食前に運動を行っても食後に運動を行っても、ダイエット効果は同じです。食後の運動は胃腸や肝臓などの消化器官に負担をかけます。食べた物を消化するために胃腸や肝臓などの消化器官が活動しているからです。さらに胃の中に食べた物が詰まっている状態のため、運動により胃が揺れ動いて気分が悪くなります。

20061214-90002110-r25-001-2-thumb

また別の問題としては、食べた直後にジョギングをして横腹が痛くなった経験は誰にでもあることでしょう。

このように、食後の運動は体にもよくないし場合によっては苦痛も感じますので、食後に運動を行う場合は、出来れば食後30分~1時間後にしてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする