飲酒後してはならない5つのこと

1、飲酒後すぐ寝てはいけません。

アルコルは肝臓機能でダイジェストをしています。飲酒後すぐ寝ると代謝が遅くなり逆に肝臓に悪いです。飲酒後冷たい水で顔を洗い、少し座っていたほうがいいです。お酒を大量に飲んだ方はなおさら自然に寝てはいけません、重度なアルコール中毒になります。この場合は家族をそばに居させて、二時間事で家族に起こされて水や蜂蜜水を飲ませ、完全に酔いさめるまでこの手順を繰り返す。

2、飲酒後酔いさめの薬を飲まない

酔いさめ薬は確かに一時的に楽になりますが、でも実際のところは一時的に楽になるのを代償として酒酔いの時間を延ばすことになります。その時は大量に水を飲んだほうがいいでしょ、スポーツドリンクや酸っぱさが控えめたオレンジジュース、ビタミンCなどを補充し平均の血糖値を保ちましょう。

3、飲酒後、電気 カーペットで寝てはいけません。

酒を飲みすぎると、体温の調節がうまくいかず、体温が下がり、寒く感じます。その時体を温めるとはいえ電気 カーペットで暖めてはいけません。

4、飲酒後、大量のコーヒーをのんではいけません、脱水症状になります。

濃い目のお茶もだめです。お茶は心臓を興奮させる効果がり、腎臓を悪くさせます。サイダもだめです、サイダは体内にはるアルコルの吸収を早めることになり、肝臓にはよくありません。

5、飲酒後すぐシャワーとお風呂に入ってはいけません。

冷水・お湯と関係なく、お湯もしサウンナーの場合は熱気は体内に閉じこまれて拡散せず、酔う状態をさらに悪化しゲロや眩暈になります。冷水の場合は、酔いさめにならず、肝臓の血液にあるグルコースの消耗には間に合えません。冷水の刺激により、血管が収縮したことのより、血管が破裂もしくはカゼを引く可能性があります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする