麻布にある中華の名店で味わう 野菜を入れない珍しい「上海名物 黒酢の酢豚」

3月22日放送の「ウチくる!?」(フジテレビ系、毎週日曜午後0時)で「中村勘九郎が厳選!超うんめえグルメ」と題して、歌舞伎俳優の中村勘九郎さん、番組司会でタレントの中山秀征さん、中川翔子さんらが「中国飯店 富麗華」(東京都港区)を訪れた。

最初に勘九郎さんの好物「ピータン」(注文は2人前から)を食し、中川さんは「しびれるほどにうまい!」とコメント。勘九郎さんも「ピータン好きとしては最高です」とその味に納得の様子だった。続いて、野菜を入れない珍しい「上海名物 黒酢の酢豚」(注文は2人前から)が登場。豚の肩ロースを外はカラッと中はジューシーに揚げていき、特製の黒酢たれをたっぷりと絡めた一品だ。中川さんは「このたれの深み! うまーい。甘みと酸味と重厚感と全てが兼ね備えられている」と評した。

最後に登場した「酸味と辛味のスープそば」は、黒酢とこしょうが効いた上海風のスープに、全粒粉を使用した麺で小麦の香りをより楽しめる。大好きだけれども、喉を気遣い公演中は我慢するという勘九郎さんもこの日は「これ目の前にあると食べちゃいます。おいしい」とその味を堪能した。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする