A5ランクの黒毛和牛に松嶋尚美も大満足! 女性に大人気の焼肉店!

3月5日放送の「バイキング」(フジテレビ系、毎週月~金曜午前11時55分)、「薬丸丸岡のなつかし青春トラベラー」のコーナーで、お笑い芸人の松嶋尚美さんとタレントの薬丸裕英さん、丸岡いずみさんが「ニクノヒ」(東京都目黒区)を訪れた。

中目黒駅から徒歩5分ほどの場所にある同店は、高級黒毛和牛をカジュアルに楽しめると女性に人気の焼肉店。一行が食した「焼きすき」(2680円 税抜き)は、薄切りにしたA5ランクのサーロインをサッと火であぶり、ブランド卵の奥久慈卵をつけて食べる人気メニューだ。

お肉大好きだという松嶋さんは「焼きすき」を味わい「おいしい! タレの甘辛とか、肉の甘さで。ご飯くださーい!」と満足げな様子。続いて卵にたっぷりとお肉を付け「焼きすき」を口に運んだ薬丸さんは「後味がパーフェクト! やっと出会えたねって感じ」とA5ランクのサーロインを堪能した。

■話題のお店に追加取材■
2014年11月29日の「イイニクノヒ」にオープンした同店は、“女性客が楽しめる焼肉バル”がコンセプト。九州をはじめ全国から仕入れた最高級A5ランクの黒毛和牛を味わえる。カルビやハラミなどの定番メニューはもちろん、モモの中でもっとも霜降りが入る「トモ三角」、フォアグラや白子のようなまったりとした味わいの「シビレ」、コラーゲンたっぷりでプルンとした食感の「アキレス腱」など、珍しい部位を含め全23種類ものラインアップとなっている。何を注文しようか迷ったら、その日イチオシの希少部位3種の盛り合わせ、食べ比べができる「ニクノヒプレート」(1980円 税抜き)がおすすめだ。

カボチャやパプリカなど、旬の野菜をグリルしてオリーブオイルとバルサミコ酢とあえた「グリルサラダ」(880円 税抜き)や、セロリやゴボウなどの変わりダネキムチ(各380円 税抜き)など、焼肉以外のサイドメニューも充実している。

イタリアン出身のシェフが作るタパス(小皿料理)も人気だ。ハツをオリーブオイルとニンニクで煮込んだ「ハツとブロッコリーのアヒージョ」、ハチノスを煮込んだ「トリッパのトマト煮」など、ホルモンを用いた創作料理がそれぞれ630円(税抜き)とリーズナブルに味わえるのがうれしい。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする