WHOによる砂糖の摂取量

世界保健機構(WHO)によると、1日あたりの糖分摂取量は、小さじ6杯程度(約25グラム)と、言われています。これは、子供の虫歯や、肥満を予防する目的のために、新しく出された案です。これは、総エネルギー摂取量の10%未満であるのが良いとされ、さらに、その半分である5%未満が虫歯や、肥満予防により効果的であると考えられ、その量が、砂糖約25グラム程度なのだそうです。

なかなか、小さじ6杯分の砂糖に留めるのは難しいことですので、

気を付けていなければ、すぐにオーバーしてしまうものです。

例えば、炭酸のジュースを1缶飲めば、約40グラムの砂糖を摂取することになるので、それだけで、1日あたりの摂取目安量である約25グラムを、15グラムもオーバーしてしまいます。
また、私たちの食生活において、砂糖が入っているであろうと、認識していないものに砂糖が含まれているものもあるため、なかなかそれ以内に収められません。

例えば、ケチャップなどです。一見、砂糖の味はしませんし、
甘い食べ物か?と言われればそうではないケチャップも、
大さじ1杯分に、約4グラムの糖分が含まれているんです。

尚、農畜産業振興機構においては、日本人が摂取する
糖分は、1日あたり約50グラムが良いとされています。
世界保健機構の案が通るとなると、その約半分になってしまいます。
こうなってくると、本当に「スイーツ」類、食べれなくなってきちゃいます。

この世界保健機構の新しいガイドライン案は、3月の5日のものになるので、そのうち、意見を元に、正式な決定として、ニュースになるのかも知れません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする